事例紹介

浦安市様

大規模災害時の市民の安全をサポート浦安市様のBCP対策「災害コールセンター」

浦安市様は大規模災害に備えた「災害コールセンター」を設置。 同時被災しない遠隔地としてKDDIエボルバの沖縄県内のセンターが運営を担う。 発災時に常時備えることで、浦安市様のBCP対策に貢献。

POINT 01

同時被災回避が可能な沖縄への「災害コールセンター」を設置

POINT 02

常時1席確保と2回/日の回線チェックで万全の備え

POINT 03

発災時の発令後24時間以内迅速立上げ

お客さまプロフィール

浦安市様

総務部 危機管理課 地域防災係
三宅 芙実様(写真)

浦安市様は2011年の東日本大震災の経験から、大規模災害時に備えた事業継続計画(BCP)を策定しました。
市民の安全・安心な暮らしのため、発災直後には待避所・指定避難所、交通規制、被害状況などを、数日後からは応急・復旧情報として、ライフライン全般、交通機関などに関する各種情報などを、災害発生後の市民の生活状況に合わせて、正確に提供できる体制の構築に力を入れています。

導入前の課題等

発災時、浦安市様は災害対策本部を設置され、浦安市様からの発令後KDDIエボルバは「災害コールセンター」の稼働を開始する。
発令から迅速な立上げが必要とされるため、あらかじめ発災時・復旧時・平常時の3つのオペレーションを用意し発令に備える。

  • 平常時の運用:KDDIエボルバの沖縄県内のセンターに常時1席確保と2回/日の回線チェック、研修を受講した管理者とマニュアルを常備
  • 発災時の運用:浦安市の発令を受けて24時間以内に「災害コールセンター」の緊急体制配備を行う。オペレータの確保、研修を実施
  • 復旧時の運用:要請次第で「災害コールセンター」は継続稼働され、被災状況によっては長期稼働も想定される。必要に応じてオペレータの採用・教育の実施

2019年9月の台風19号発生時に「災害コールセンター」は初めて稼働。

  • 浦安市様からの発令前からKDDIエボルバは同市の被災状況や最新状況を収集、発令に向けた準備をし、発令後スムーズな稼働を実現
  • 稼働開始後、152件の電話を対応。浦安市民からはコンピュータ案内ではなく、オペレータが直接電話対応することへの安心感を評価いただいた

導入サービス: 緊急コンタクトセンターサービス (2022年11月時点)

各種資料・事例ダウンロード

導入事例

「緊急コンタクトセンターサービス」浦安市様

課題:大規模災害など、市民からの緊急対応窓口確保 大規模災害時の正確な情報提供で市民の安全をサポート 浦安市様のBCP対策「災害コールセンター」の運営を担う

導入事例

愛知県様 導入事例

・内部管理事務の効率化・迅速化 ・ヒューマンエラーの撲滅

導入事例

「コンタクトセンタートータルソリューション」 東日本旅客鉄道様

課題:お客様の利便性向上、業務効率向上のためのマルチチャネル化 ビジュアルIVR・AIチャット・有人チャット導入でノンボイス比率80%超 安定運用のカギはオペレーターーのモチベーションと低離職率

サービス案内

緊急コンタクトセンターサービス

緊急事態発生時における対策拠点として機能をご提供。豊富なリソースと実績、ノウハウを基に、緊急コンタクトセンターを最短で構築。万一の事態に備えた事前の体制検討・業務設計から、有事の際のお客様対応まで、全面的にサポート。

サービス案内

コンタクトセンターサービス

アルティウスリンクのサービスラインナップやコンタクトセンターリソース・強み・実績のご紹介資料です。

レポート

企業とお客様とのコミュニケーション実態 2023年版

6年目を迎えた本レポートでは、企業やサービスに愛着・信頼感を持つお客様、いわゆる「ロイヤルティ顧客」の行動や志向を調査。企業とお客様が有機的に繋がるコミュニケーションのあり方のヒントを掲載。